NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

株式会社NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズ

アマゾンウェブサービスを用いたクラウド型市場系ソリューションを提供開始
~クラウドコンピューティング+高度なセキュリティーで短期間・低コストかつ安全性の高いサービスを実現~

2014年2月14日

 株式会社NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズ(以下、NDFS)は、アマゾンウェブサービス(以下:AWS)を用いて提供する「AWS版Prélude クラウド」を、2月下旬から本格提供開始します。金融機関は「AWS版Prélude クラウド」を利用することで、従来の「Prélude クラウド」以上にシステム導入運用にかかるコストを削減することが可能となります。なお、「AWS版Prélude クラウド」は本格提供に先駆け、資産管理サービス信託銀行株式会社様(本店:東京都中央区、代表取締役社長:森脇 朗、以下、資産管理サービス信託銀行)で採用され、昨年12月からの試行運用を経て、本年1月から本番稼動しています。

【背景】
 市場系運用を行う金融機関においては、昨今の国際金融危機や当局規制動向の影響も受け、デリバティブや債券運用をつかさどる「市場系システム」の重要性がますます高まっています。
 一方で金融機関の市場系システム導入にあたっては、独自にシステム構築を行う場合、可用性確保を目的とした機器の冗長化や災害対策としてのスタンバイシステム構築を含め、コストの点で課題があるため、より安価でかつ短期間で導入が可能なシステムが求められている状況です。
 そこでNDFSではこのニーズに対応するため、2012年2月より提供を開始し、現在21社で採用されている国内トップクラスの市場系ソリューション(注1)Prélude Enterpriseのプライベートクラウド対応サービスであった「Prélude クラウド」のラインアップとして、「AWS版Prélude クラウド」を開発しました。
「AWS版Prélude クラウド」は、AWSのクラウド基盤を採用することで、従来以上に安価でかつ短期間な提供を実現しています。
 なお今回、①低コストでクラウド基盤を利用可能であること、②機密保持性・完全性・可用性が担保出来ることを満たすクラウド基盤として、AWSを採用しました。加えて、独自に認証機能や不正アクセス対策等のセキュリティー対策機能を実装することで、コストメリットと金融機関が安心して利用可能な高いセキュリティー性を両立したクラウドサービスを実現しています。また、BCP対策においても、AWSの特長であるマルチロケーション(注2)により、論理的にも物理的にも冗長化されたクラウド環境を利用できるため、スタンバイ用のシステムを別途用意する必要がありません。



【特長】
 Préludeシリーズは、金融機関が保有するさまざまな金融商品を統一のデータベースで管理することにより、フロントからミドル、バックまでの業務を包括し、ポートフォリオの機動的かつ安定的なリスク管理、最適化、収益拡大を目指した次世代型統合管理ソリューションです。「AWS版Prélude クラウド」は、Prélude Enterpriseのもつ特長をそのままに、AWS上で動作するクラウド型サービスとして提供するものです。それぞれの特長は以下のとおりです。

〈 AWS版Prélude クラウドの特長 〉
  1:低コスト・短期間で導入可能
    システム基盤構築にかかる初期コストを、オンプレミス提供型のPreludeEnterpriseと比較し約70%、
    ランニングコストを約20%以上、また従来のプライベートクラウドを前提としたPreludeクラウドと
    比較した場合でも約50%、ランニングコストを約10%削減可能です。システム基盤構築に必要となる
    期間もPreludeEnterpriseと比較し、約2か月に対し約1か月と、50%の短縮を実現しています。
  2:取引量・業務量の変化に柔軟に対応
    AWSのもつシステムリソースの使用量を柔軟に変更できる特長を生かし、取引量や業務量の変化に応じ
    たシステムリソースを利用可能であるため、金融機関は当初から過剰な設備投資をすることなくかつ
    業務量が増加した際に対応可能なシステム環境を利用することが出来ます。
  3:高セキュリティ性
    AWSを用いたクラウドサービスを提供するにあたって、AWSの持つ低コストな基盤提供や詳細な設定が
    可能なセキュリティー機能に加え、独自に外部不正アクセス対策等の機能を拡充させることで金融機関
    に求められる高いセキュリティー性を確保しています。
  4:独自のBCP対策コストが不要
    BCP対策として、スタンバイシステムを個別に構築する必要がありません。スタンバイシステム構築の
    ための初期コストが不要となり、維持コストについても削減ができます。

〈 Prélude Enterpriseの特長 〉
  1:多様な金融商品を一元管理
    複雑かつ多様な金融商品を一元管理し、統一指標での評価と内包するリスクを認識することで、
    ポートフォリオの最適化を支援します。また、各金融商品を組み合わせた運用を行うような複雑な
    商品にも対応します。一例として、通貨オプション権利行使時の為替取引を自動で組成したり、
    調達資金と運用先との紐付けも一元管理することが可能です。
  2:金融工学に基づく損益シミュレーション
    保有するポートフォリオと市場予測データと多様なシナリオを組み合わせ、ポジションがどのような
    リスクにさらされるか、また、どれだけの収益を生み出せるかを予測できます。導き出される損益予測
    から適切なアクションプランを検討、選択することが可能となります。
  3:金融機関ごとの業務内容や新制度に柔軟に対応
    全ての機能を自社開発し、かつ仕様変更や機能追加を想定した設計としているため、金融機関ごとの
    業務運用や新制度に対し迅速かつ柔軟に対応できます。またPrélude Enterpriseをベースに
    金融機関の経営課題、業務課題を解決するためのソリューションおよびインテグレーションを、
    NTTデータグループの総合力を生かして実現することができます。
     なお金融機関が当局、監査・考査組織等へ商品価格やリスク量といった計算根拠の説明する際に、
    システムロジックの開示ならびに説明サポートを行うため、スムーズな報告を行うことができます。
  4:専門要員によるサポート体制
    金融工学と市場系業務知識を有した専門要員が新商品取扱い開始時やシステム構築の上流検討等の
    際に高度な技術サポートが可能な体制を提供しています。これにより金融機関は利用部署の視点や
    業務要件をシステムに容易に反映させることができます。



【資産管理サービス信託銀行における採用について】
 資産管理サービス信託銀行では、今後の取扱い商品拡充に向けた市場系システムの導入選定にあたり、拡張性、柔軟性、コストを重視し、かつシステム運用面、セキュリティ面の評価において、社内の基準をクリアしていることを確認の上、「AWS版Prélude クラウド」を採用しました。
 「AWS版Prélude クラウド」 の拡張性や柔軟性もフル活用し、清算集中されないデリバティブ取引の証拠金規制等の動向も踏まえながら、今後はお客様ニーズに合ったデリバティブ等商品管理のラインナップ強化を図っていく方針です。



【今後について】
 NDFSは、AWS版Prélude クラウドについて、2018年までに年間約10億円の売上を目指します。また、NDFSは、Préludeシリーズの提供を通じて金融機関の多様なシステムニーズに対応し、市場系・リスク管理系ソリューションとしての国内トップシェアを目指すと共に、国外金融機関に向けたグローバル展開も目指していきます。



(参考)

【amazon web services (AWS)について】
 米国Amazon社が、仮想サーバー、ストレージ、データベース等、クラウドサービスを構築するうえで必要となるクラウド基盤を提供するサービスです。大規模な世界的企業から小規模な企業まで、グローバルから日本国内も含め、医療、メディア、金融、保険、インターネット、不動産、小売り、教育、公共機関など、さまざまな分野で利用されています。
 主な特長として、①先行投資が不要、②低い運用コスト、③性能の柔軟性、④速度と敏捷性(アジリティ)などがあげられます。



注1:2013年12月時点、NDFS調べ

注2:マルチロケーションとは、複数の物理的に異なる場所に位置するデータセンターを組み合わせて
   クラウド環境を構築することです。



※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWSおよびAmazon Web Services ロゴは、
 Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です

※Prélude Enterpriseは、日本国内における株式会社NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズの
 登録商標です。その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

※Prélude クラウドは、日本国内における株式会社NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズの商標です。

※資産管理サービス信託銀行株式会社は、JTCホールディングス株式会社および日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社と合併し、2020年7月27日付けで株式会社日本カストディ銀行となりました。



■本件に関するお問い合わせ先 ※2021年8月16日(月)更新
 株式会社NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズ
 金融ソリューション統括部 営業部
 E-mail:info@nttdata-fs.co.jp
 TEL:050-3659-8610